in パーチメントクラフト

臆病の美徳

-2 COMMENT



一つの作品に複数の工程がある


このパーチメントというクラフト…




トレースして


紙を着色して、彩色して


エンボスしてカットして…




一つ一つの動作に細心の注意を


払いながら進めていくのですが


その為の「集中力の継続」がとても難しい。




技術面については


一朝一夕に身に付くとは思っていないし


まして、上手下手を他人と比較する


ものでもないから


そこに対する不安は全くありません。


それは、後からついてくるもの…


(…のハズwww)




自分の集中力を


どれだけ継続することができるか…




そこが大きな課題です。




細かな作業の積み重ねの中で


ともすると、針穴がずれてしまったり


線がはみ出してしまったりしないように…


簡単に思えることが


実はとっても難しい。




パーチメントって、もしかすると


フィギュアスケートと似ているかもしれない(笑)




規定となる「やらなけばならない事」があって


どれだけそれを忠実に再現できるか…。


できなければ、減点される。


その基本の上に、芸術としての評価があるという


そのあたりが…(笑)





所作一つ


準備一つ


道具の配置一つ




すべてが作品の出来につながっているのだ


という事を今更ながらに痛感しています。




先日、師が私にくれた言葉



「臆病であれ」



これでいいのよね?


本当にこれでいいのかな?



臆病なほど一つ一つに確認を怠らない。




臆病であることが…


一つ一つの動作にいちいち臆病でいることが


集中力の継続につながるのかもしれないと


なんだかすんなりとこの言葉が心に入り込んできました。




慎重とか臆病とかそんな言葉とは縁遠く


何事も雑にやり過ごしてきた私にとって


このクラフトは正に精神鍛錬!



「臆病でありなさい」



というこの言葉に


また一つ、目からうろこがはげ落ちたのでした。









関連記事
2
  • Share

2 Comments

There are no comments yet.

酒井 重郎  

集中力の集大成❗🎵素晴らしい作品ですね。何歳からでめも、やる気さえあれば新芽が出る❗🎵(6/9 菊池 桃子さんの講演会より)をあらためて感じました。(^o^)v

2018/06/10 (Sun) 20:32 | EDIT | REPLY |   

-  

To 酒井 重郎さん

菊池桃子さんのファンなのですか?
これはレッスンの課題です。
毎回、苦しみながら(笑)作っていますが
たのしいですよ💛

2018/06/10 (Sun) 21:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment